中長期債券ETF BND, VGLT, BLVを比較 おすすめは?

債券

目次

はじめに 3つの債券ETFを紹介

今回は米国債券ETFの中で、 以下の3つの債券ETFを紹介します。

BND (Vanguard Total Bond Market ETF)
BLV(Vanguard Long-Term Bond ETF)
VGLT(Vanguard Long-Term Treasury ETF)

世界最大の債券ETFであるAGG (iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF) は、BNDとほぼ全く同じETFなので、BNDAGGと置き換えて考えてOKです。

た同様にTLT (iShares 20+ Year Treasury Bond ETF)VGLTとほぼ同じですが、VGLTの方がコストが安いので、今回はこちらを紹介します。

債券に関する過去記事はこちら

債券投資は中長期債券にすべき! おすすめETF(国内, 米国)も紹介
目次はじめに結論今回検討する債券の種類:高格付けの長期債海外ETFは往復で1.5%の手数料。小額なら国内ETFが良い国内ETFなら2511がおすすめ海外債券ETFについてAGG ≒ BNDBNDXVGLTBLV...

債券ETFの見るべきポイント

債券ETFでは以下の点に注目して見ていきます。

・投資対象
 国債、地方債、社債など
・格付け
 高いほど安定し、低いほど景気(株価)の影響を受けやすい
duration
 償還期間のこと。期間に比例して、金利の影響を受けやすい

 (金利が上がると価格が下がる)

・分配利回り
・保有コスト

債券ファンドは正しく値付けがされていて、コストが安ければ、どの債券ETFが優れているというものはありません。

それぞれが求める、リスクとリターンに合うものを選べば良いです。

逆に私が重視していないのは、

・純資産額

少なすぎると流動性に不安があるが、日本で買える、米国の代表的なETFではそのような心配はいらない。

純資産が高いから良いファンド、というわけでもない。

・値動き

リスクを視覚的に把握できるのは良いが、上がっているから、あるいは下がっているから買いという判断はすべきでない。

わかりやすいように、最も代表的な債券ファンドのAGGとの比較チャートは載せる予定

などです。

BND

・投資対象:国債、地方債、社債などの総合債券

・格付け:投資適格とされるBBB以上。

     AAA、米国債合わせて69.0%

duration:6.8

・分配利回り:1.93% (2021/09/21)

・保有コスト:0.035%

上はAGG(米国総合債券ETF)との比較。下はS&P500 ETFとの相関係数

BLV

・投資対象:国債、地方債、社債などの総合債券

・格付け:投資適格とされるBBB以上。

     AAA、米国債合わせて43.1%

duration:16.1

・分配利回り:2.86% (2021/09/21)

・保有コスト:0.05%

上はAGG(米国総合債券ETF)との比較。下はS&P500 ETFとの相関係数

VGLT

・投資対象:米国債

・格付け:米国債 (AAA)

duration:18.1

・分配利回り:1.77% (2021/09/21)

・保有コスト:0.05%

上はAGG(米国総合債券ETF)との比較。下はS&P500 ETFとの相関係数

3者の比較 2021/09/21時点

ticker

BND

VGLT

BLV

投資対象  

総合債券

長期米国債  

総合債券

格付け

AAA  69%  

AAA 100%

AAA  43%  

duration

6.8

18.1

16.1

利回り

1.93%

1.77%

2.86%

コスト

0.035%

0.05%

0.05%

おすすめのETF

上で書いたように、ファンド間で明らかな優劣はありません。

何を求めるかによってその人に最適なETFは変わります。

私が求めるETFは、株式との相関が低いものです。

(株式と逆の動きをするもの)

株式とともに保有することによって、シャープレシオの向上が期待できるからです。

例を挙げると、1978年以降の全米株式:債券 = 6 : 4 のポートフォリオを考えます。

債券部分を中期、長期で変えると結果は以下のようになります。

赤: 株式100%、青: 株60% 中期債券40%    portfolio visualizerより引用

赤: 株式100%、青: 株60% 長期債券40%    portfolio visualizerより引用


長期の方がリターン、シャープレシオともに高くなりました。

中期債:10.34% /年 シャープレシオ 0.62
長期債:10.98% /年 シャープレシオ 0.64

また、詳細は省きますが、格付けが低くなるほど株式との相関は高くなります。

なので社債、特に高利回り社債は株式との併用には向きません。

こういったもの(社債や新興国債券など)は、単体で保有して株と同程度のリスクを許容して、またリターンの大半を配当でもらいたいという方に向きます。

以上より、私には 長期国債(VGLT)が適したETF となります。

まとめ

3つの債券ETFを紹介

・株との併用ならばVGLTがおすすめ

・債券でバランスが取れているのはBND

この記事を書く前までは、BLV(長期債券)が自分に合った債券と思っていました。

しかしバックテストでVGLT(米長期国債)を上回ることができませんでした。

調べてよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました