債券投資は中長期債券にすべき! おすすめETF(国内, 米国)も紹介

債券

目次

はじめに

私は最強の長期投資は全世界株、債券のポートフォリオだと思っています。

全世界株といえば、

海外ETF → バンガードのVT

投資信託 → 楽天VT, emaxis slim 全世界

国内ETF2559

などの選択肢があります。

ところで債券は何が良いのでしょう?

今回は株、債券の王道ポートフォリオを前提として、適切な債券ETFを考えます。

今回は最初に結論から。

結論

・買付金額が100万円以内、または積み立て目的なら日本の2511

・王道がいい人はBND (もしくはAGG)

・もう少しリスクを取りたい人はBLV (もしくはVGLT)

今回検討する債券の種類:高格付けの長期債

一般に債券は、

・デフォルトリスクが高いものが利回りが高い

 先進国国債 < 新興国国債

 国債 < 社債、モーゲージ(住宅ローン)

・償還期間(duration)が長いほど利回りが高い

という特徴があります。

正しく値付けがされていれば、どの債券ETFが優れているというものはありません。

しかし今回私が探しているのは、株式と相関が低いものになります。

その方がポートフォリオ全体のシャープレシオが上がるため

そうすると新興国債や、格付けの低い社債、モーゲージ債は候補から外れます。

加えてdurationが短いと金利 < 信託報酬になってしまい、保有している意味がなくなってしまいます。

そのため3年以下の短期債は今回除外します。

つまり、高格付けの長期債が今回の前提にマッチするものとなります。

その中で楽天・SBI証券で買えるものを調べました。

海外ETFは往復で1.5%の手数料。小額なら国内ETFが良い

ここで、米国株は売買手数料が片道0.495%(最大22ドル)かかります。

さらに米ドル為替手数料もあります。

(多くは片道25銭、住信SBI銀行からSBI証券なら片道24)

これらを考慮すると、約50万円までは、合計で約1.5%が手数料としてかかってしまいます。

日本米ドル債券ETF→米ドル日本円

国内ETFなら2511がおすすめ

一方日本市場で買える海外債券もあります。

東京証券取引所には17銘柄が上場しています。

www.jpx.co.jp

詳細は割愛しますが、どれも出来高が少なく、安心して売買できるものはほとんどありません。

ほぼ唯一、日本で安定した出来高があるのは2511くらいでしょう。

nextfunds.jp

この2511は実質コストを含めても0.15-0.16%/ 程度で済みます。

後述するように、米国の債券ETFは、選べば0.05%/ 程度で運用できますから、2511とのコスト差は年0.1%/年となります。

しかし米国ETFでは、上の1.5%のコストを回収するのに15年かかってしまうため、50-100万円以下の少額では国内ETFの方が良いと言えるわけです。

ちなみに長期米国債2621TLTの国内バージョン(為替ヘッジあり)ですが、まだ出来高に不安があるためおすすめできません。

※ 2021年6月時点では、出来高が増えて買いやすくなってきました。

100万円(500株程度)ならば、値を動かす事なく買えそうです。

投資信託でも良いのはありません。

信託報酬が最安なのはemaxis slim 先進国債券インデックスの0.154%/年ですが、2511を上回る利点は感じられません。

海外債券ETFについて

一度に100万円以上買い付ける場合は米国ETFが候補に入ってきます。

結果、候補としてAGG, BND, BNDX, VGLT, BLVが見つかりましたので、これらを比較しながら検討します。

これらを比較するとまた非常に長くなるので、詳細は今後別にまとめようと思います。

今回は簡単に比較、紹介します。

AGG ≒ BND

ほぼ同じ商品と考えて差し支えありません。

アメリカでも大人気の総合債券ETFで、どちらも

・大人気(純資産債券部門でAGG 1, BND 2)

・経費率が安い(AGG 0.04%, BND 0.035%)

・米国債、AAA債券が70%程度

duration5-6年程度

強いて言うなら20214月現在、わずかでも手数料が安いBNDがおすすめです。

BNDX

BNDの非米国全世界版です。

やや経費率が高く(0.12%)、日本が2割ほどを占めてしまうので、あまりおすすめできません。

アメリカ人向けの商品ですね。

VGLT

長期米国債券ETFで、duration20年以上ととても長いのが特徴です。

その分、値動きは金利の変動によって大きくなります。

同様のETFTLTがありますが、経費率に結構差がある(TLT 0.15%, VGLT 0.05%)なので、VGLTがおすすめです。

BLV

長期総合債券ETFで、簡単に言うとAGGBNDの長期版です。

Durationは約16年で、AGG, BNDより10年程度長いです。

また格付 A, BBB50%以上を占めており、AGG, BNDよりもハイリスクといえます。

経費率は0.05%と安い。

債券の国際分散は必要か

今回はほぼ全て、米国債や米国社債などのETFを見てきました。

債券でも分散しようと思ったら、例えばBND, BNDXを半々で持つという選択肢もあります。

しかし売買手数料が高くなる事、リバランス時に作業が増える事を考えると、複数の債券ETFを保有するのはあまりお勧めできません。

米国のみ、が嫌な方は2511がより強くお勧めです。

ユーロ建が40%以上あり、少数ですが新興国も入っていて、全世界への分散ができます。

まとめ

・株式と合わせて保有して、バランスが取れる債券を考えた

・中長期の高格付け債券がお勧め

100万円以上の一括なら米国ETFが良い

AGG,BNDが最も無難

・筆者はもう少しリスクを取りたいのでVGLT, BLVあたりが好ましい

100万円以下、毎月の積み立てならば手数料、出来高から考えるとほぼ2511一択

もしかしたら債券は株式以上に奥が深いかもしれません。

今までBLVという存在を知らなかったので、調べてよかったです。

時間を見つけて、少しずつ債券をまとめてみようかなと思いました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] 債券投資は中長期債券にすべき! おすすめETF(国内, 米国)も紹介 […]

タイトルとURLをコピーしました