ビットコインで億り人?「リスクを取った投資のリスク」について 

投資の原則系

目次

はじめに

古今東西、〇〇で大儲け!資産〇億円!のような話は無数にあります。

近いところでもリーマンショック後のGAFAM、2017年頃のビットコイン、最近のテスラ株、昨年からの仮想通貨全般などなど

こんな儲け話は常に注目を集めます。私も正直羨ましいです。

「半年前にビットコイン買っとけば

「電気自動車が来るってわかってたのに」

「医者なのにエムスリーこんなに上がるとは思わなかった😭

(これは私の感想です)

こんな思いをするのは皆さん一度や二度ではないでしょう。

私の投資スタイル

しかし私は今、極力リスクを抑えた投資法を探して、実際に行っています。

詳しくはモメンタム投資シリーズをご覧ください

https://shotaro37.com/dual-momentum-strategy/

これはすなわち、大儲けできる可能性を放棄しているわけです。

リスク(=値動き)の変動を抑える短期間に大きく上昇することも避けている

ということなので。

それはなぜかというと、リスクを上げるほど、損をする確率が高くなるからです。

これだけ聞くと、めちゃくちゃ当たり前の事を言っているだけに聞こえますよね。

これを実際の数字で見てみます。

リスクを上げると期待リターンはどうなるか

明治安田アセットマネジメントのサイトを引用します。

 

https://www.roboadsimulation.qri.jp/myam/simulation

リターンを固定の4%にして、100万円を20年運用したと仮定したシミュレーションです。

リスクを0,10,20,30%にそれぞれ変えていきます。

結果、平均値は全て同じ219万円(=リスク0の中央値)になります。

詳しく見ていきましょう。

まずリスク0から見ていきます。

リスク0のリターン

平均値も中央値も一緒です。

ここからは中央値に注目して下さい。

 

リスク10%のリターン

リスク10%の時は199万円でした。リスク0の時よりも下がっています。

 

リスク20%のリターン

リスク20%の時は152万円。さらに下がりました。

 

リスク30%のリターン


リスク
30%の時は98万円と、半分以上が元本割れという結果になってしましました。

リスクを上げる投資の顛末

リスクを上げるほど、ごく少数の大金持ちと、多数の敗者が生まれるというのが客観的な数字で表されました。

一発ぶち当てたいというのは、自分からこのリスクを上げていくという戦略な訳です。

結果として多くの屍(しかばね)が生まれます。

しかしメディアに出てくるのは、いつもこの少数の勝ち組なので、自分もできる、こうなりたいと思わされてしまいます。

これはいわゆるギャンブル的な短期投資だけではありません。

よくインデックス投資でも「年率〇%で運用したら30年後は〇〇倍になる」

というような言い方をされますが、この言い方は平均値を指すのであり、リスクによって自分の実際のリターンは大きく変わります。

平均値はリターンのみで決まり、リスクは完全に無視されている

これは今後投資を行う上で、非常に大事なポイントです。

「平均〇〇%の年率リターン」という言葉に騙されないようにしたいものです。

 

20年間の投資は人生で、多くても3回しか回せないでしょう。

2倍以上になると思っていたのに、もし1回目で元本割れしたらどうでしょう。

人生プランは大きく変わるし、そもそも2回目の投資をしようとは思わなくなりそうです。

だから私は、1回目の投資で、事前に予想したリターンを得るために、リスクを下げようと思っているのです。

まとめ

今回は自戒を込めて、値動きの派手な銘柄に目移りしないための記事にしました。

最後にこの記事を書いて感じたこと:

トップアイドル、お笑い芸人、YouTuber、ブロガー。

この人たちも多くの敗者の上に君臨してるんだなぁ、としみじみ感じました。

ブログはこんな怖い世界ではないので、一握りの勝者になれなくても、細く長く続けていければと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました