失敗ファンドに学ぶ、アクティブ運用の怖さ

投資の原則系

目次

はじめに

トレンド・アロケーション・オープンという投資信託をご存知でしょうか。

三菱UFJの分散バランス型の投資信託で、トレンドによってアロケーションを変えるという目的のファンドです。

後述する失敗によってこの1年は純資産額が減っていますが、それでも1000億円以上あります。

これは20214月現在、同社の人気シリーズ、emaxis slim 8資産均等型よりも多い額です。

このファンドはコロナショックで大きな間違いをして、その後の上昇に全くついていくことができませんでした。

今回はこのファンドを紹介しながら、アクティブ運用に潜む落とし穴を考えていこうと思います。

ファンドの紹介

このファンドは、株式、債券、REIT、コモディティに広く投資する商品です。

最大の特徴は、運用専門家の見通しによってアロケーションを変えたり、下落時にはリスク資産の大半を売却するという戦略です。

購入時手数料2.2%、信託報酬1.18%/ と、日本のアクティブファンドとしては平均的? ぼったくり手数料です。

結論からお話しすると、コロナショックでダウンサイド・リスク・マネジメントという手法が発動してしまい、その後現在まで、ほぼ全資産日本国債保有という悪手を売ってしまいました。

その後の価額は以下の有り様です。

全く戻らないどころか、その後もジリ貧が続いています。

基準価額の5年チャート

一番の敗因はコロナショックで売ってしまったことではなく、戻りに全くついていけなかった事でしょう。

基準価額から15%下げた段階で、1年間手出しできない仕様になっているみたいです。

その他に運用方針のツッコミどころがいくつかあるので、下に載せておきます。

ファンドの概要。これは特にツッコミどころはなさそう

運用専門家の見通しとか一番信用できなさそう。

リスク管理戦略ってのがこのファンドの一番の失敗

ファンドの考え方はモメンタム投資に近い

私がこのファンドを気になり、ひと記事書こうと思った理由として、運用方針がトレンドフォロー(順張り)だからです。

今まさに私が行っているモメンタム投資もトレンドフォローで、一つミスをすれば同じような状態になってしまう危険があります。

ところで投資をしている方は、ほとんど全員がアクティブ運用者だと思います。

そして今回これを取り上げた理由は、このファンドを通して、皆さんの運用について再検討してほしかったからです。

いつも皆、決まって自分は特別だ、市場平均を上回れると思って投資をしています。

もその一人です。

アクティブファンドのほとんどがインデックスに勝てない、という事実を知っても、素人の私たちがせっせとアクティブ運用し、負け犬の一人に加わっていくのです。

以下の自問自答をしてみたので、ぜひ皆さんも考えてみてください。

アクティブ運用に対する自問自答

なぜあなたはインデックス投資でなく、アクティブ運用をしているのか

全資産でインデックス投資ができるならそれが良いと思っている。

問題は暴落時、それに耐えられる自信がないから。

リーマンショック級の暴落(-50%程度)は今後も起こると思っているし、1930年前後の大恐慌(-80%程度)すら起こり得ると考えている。

例えば株式6割、債券4割の伝統的なポートフォリオでは、下落はだいぶマイルドにはできるが、リターンは劣ってしまう。

かつ今後の債券価格の上昇が期待できない。

: 全米株式100%     : 株式60%、10年米国債40%

デュアルモメンタム投資では下落を抑えて、かつインデックスにも勝てるリターン期待できると考えている。

インデックスに勝てると思っているのか。その理由

思っている。

モメンタム投資では勢いのあるものを買い、下げが見られたら債券に逃げる方針を取っている。

これは、

・安くなったものを買おうとする心理 (下落モメンタムのあるものを買ってしまう)
・上がったらすぐ売ってしまう心理 (上昇モメンタムを放棄する)
・下がっているものを塩漬けしてしまう (下落モメンタムのあるものをホールドしてしまう)

という本能的な失敗を避けることができるからである。

市場の必勝法はなく、もしそれが見つかれば、みなそれに群がり、必勝法は消えてしまう。

しかしこのモメンタムは、優位性の背景が人間固有の心理に基づくものであるため、今後も同じ傾向が期待できる。

結果はどうなることでしょう…

まとめ

・トレンド・アロケーション・オープンというゴミファンドを紹介

・我々も常に、このゴミファンド以下になりうる

・アクティブ運用を継続するには、繰り返し自問自答、見直しが必要

今回で世の中にはいろんなファンドがあって、とんでもないお金が集まっているんだと思い知らされました。

1000億ですからね、このファンド。

コメント

タイトルとURLをコピーしました