外国債券ETF 2511 を解説 ~債券投資の最適解~

債券

目次

はじめに 債券ETFの続き

以前、債券ETFは何が良いかという記事を書きました。

債券投資は中長期債券にすべき! おすすめETF(国内, 米国)も紹介
目次はじめに結論今回検討する債券の種類:高格付けの長期債海外ETFは往復で1.5%の手数料。小額なら国内ETFが良い国内ETFなら2511がおすすめ海外債券ETFについてAGG ≒ BNDBNDXVGLTBLV...

この中で国内で買える海外債券ETFとして、外国債券ETF(為替ヘッジなし) 2511 を挙げました。

その後調べていくうちに、思ったよりも良いファンドだなと思ったので、今回は独立して紹介しようと思います。

ちなみに、こちらには為替ヘッジありの2512もありますが、通貨分散ができる、為替ヘッジをしない方を今回は紹介します。

外国債券ETF 2511の概要

正式名称は

NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信

略称 外国債券(為替ヘッジなし)ETF

という長い名前のファンドです。

nextfunds.jp

同様のETF1677もありますが、手数料が高いため今回は除外します。

債券を比較する上で大事なのが以下の5つです。

・投資対象

 国債、地方債、社債など

・格付け

 高いほど安定し、低いほど景気(株価)の影響を受けやすい

duration

 償還期間のこと。期間に比例して、金利の影響を受けやすい

 (金利が上がると価格が下がる)

・分配利回り

・保有コスト

・投資対象

 先進国中心の全世界国債

・格付け

 先進国国債なので極めて高い

・平均 duration

 7.8

世界最大の債券ETFAGG(米国総合債券市場 ETF)6.35年なので、大きな差はありません。

・直近1年の分配金、利回り

 2050円、2.03%

・保有コスト

税込0.132% + α

別に売買手数料で往復 0.06%

決算短信から経費を詳しく計算すると、

経費が 371 + 443 = 814 万円

1年間の純資産平均は

(62.45 + 58.08)/2 = 60.2億円 

経費率は 0.0814/60.2 → 0.135 % /年

決算書を見ても隠れコストは高くないと考えられます。

2021/11/24追記

同様の計算を2021年9月期の決算でも行いました。

結果は経費率 0.132%/年となりました。

これだと隠れコスト0になってしまうため、計算に微妙な誤りがある可能性があります。

しかし大きな隠れコストはないだろうという事は言えます。

2511の利点、欠点

利点1   米国ETFと比較して手数料が安い

米国株、ETFの売買手数料は、片道0.495%(最大22ドル)、為替手数料片道25(住信SBIネット銀行からSBI証券だと片道24)が一般的です。

1ドル100円とした場合、1回の買い付け額が

50万円程度まで

0.495 × 2 + 0.25 ×2 = 1.49 %

 

100万円の場合

0.22 × 2 + 0.25 ×2 = 0.94 %

 

100万円で住信SBIネット銀行→SBI証券を使う場合の最安コスト

0.22 × 2 + 0.06 = 0.50 %

と、金額や証券会社によって異なりますが、少額を普通に買い付ける場合は、上の約1.5%がかかります。

これをAGG (米国総合債券ETF) で取り返そうと思うと、15年くらい保有しないとコストの元が取れません。

(コストの差がだいたい0.1%/年のため)

多額(100万円以上)、あるいは住信SBIを利用した買い方をしない限り、なかなか海外ETFはおすすめできません。

利点2   通貨分散ができる

米ドル、ユーロともに40%強の割合で、ポンドや豪ドルなどが続きます。

米国 ETFAGGは、米ドル建てになるので、それよりも分散が図れます。

為替ヘッジを しない” 方が、為替リスクを抑えられると考えています。

(これ一本でドル、ユーロ、ポンドなどの分散投資ができるため)

欠点 呼値が大きい  → 改善あり(2021年11月)

呼値(よびね)とは、1株に対し注文できる最小の値幅(刻み値)のことです。

この2511の呼値は 1円です。(2021年4月時点)

以前は呼値は株価によってのみ決まっていました。

今は一部の大型株に対しては、より細かい呼値が採用されています。

www.jpx.co.jp

呼値は細かい方が投資家にとっては有益です。

例えば、買い気配 50円、売り気配 51円の株があったとします。

この場合、どちらで約定するかによって、いきなり2%の評価額変動が起こります。

この2511も呼値が価格の0.1%あるので、やや高いなと感じます。

一方AGG114ドルで呼値が0.01ドルなので、遥かに取引しやすいといえます。

 

2021年12月1日追記

11月29日より、ETFの呼値がTOPIX100採用銘柄と同じになり、より取引しやすくなりました。

楽天証券HPより

ほぼ同じ商品がemaxis slimにあり

こちらです。

emaxis.jp

対象指数はいずれもFTSE世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)です。

コストは保有期間によっても違いますが、どちらが良いとは言えない程度の微差です。

そらく0.01-0.03%程度の違い

どちらを選ぶかは、配当金の扱いで決めると良いと思います。

2511… 投資家に分配

emaxis slim… 自動再投資

あと債券ではほとんど違いはでませんが、すぐ売り買いできるのは当然ETFである2511の方になります。

まとめ

2511は世界分散された、低コストな債券ETF

・より為替の分散がされているのが、AGGなどとの違い

・大口の買い付けでなければ、債券投資の最適解と言える

emaxis slim先進国債券もほぼ同じ商品。お好みで

個人的には米国長期国債ETF(2621)の流動性がもっと高まれば、そちらを債券投資の主軸にしようかとも考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました