日本高配当株を整理 10銘柄を入れ替え

日本株

はじめに 筆者の日本株投資

私は外国株メインに長期投資をしており、日本株は資産の 13% (400万円) 程度で

・配当が高めの株を中心に
・45社程度、個別株

を買っています。

日本株を買い始めて1年半ほど経過したので、銘柄の入れ替え、買われすぎ、売られすぎのリバランスを行いました。

売却、購入銘柄 現在のポートフォリオ

売却購入
1379 ホクト1775 富士古河E&C
1803 清水建設1807 佐藤渡辺
1822 大豊建設2325 NJS
1941 中電工3386 コスモ・バイオ
2121 mixi3955 イムラ封筒
2169 CDS4212 積水樹脂
4569 キョーリン4752 昭和システム
6916 IOデータ6745 ホーチキ
9020 JR東日本7226 極東開発工業
9142 JR九州

この中で印象的なのはINPEX (石油開発の会社) です。この中で唯一、買値から2倍を超えました。
借金も多く業績もそこまでよくなかったのですが、セクター分散の観点から思い切って買ったのを覚えています。
分散のためには「自分が買いたくない物も買え」と言われますが、その通りでした。

売却銘柄について

IOデータはTOBを行い上場廃止予定のため
鉄道株は元々利回りが低く、コロナ後の業績回復も鈍いため
そのほかは業績、財務体質の悪化のため

購入銘柄について

SBI証券のスクリーニング機能を使い、
低PBR, 低PER, 業績の大きな変動がない、財務が安定

これらを満たす企業を30社程度になるまで以下のように数字を調整し、そこからは四季報、四半期決算短信を見て決めました。

スクリーニングの一例

また売る銘柄も考え、セクターになるべく偏りが出ないように選びました。
配当利回りは3%くらいを目安に、あまり高利回りを追わないようにしています。

含み益、含み損を気にしない

今回売る銘柄を決めるにあたって、買値は全く考慮しませんでした。

・市場の動きは自分の買値とは無関係である
・バイアスがかかるのを防ぐため

これらが理由です。
気持ち的には損を回避したいので、利益が出ている銘柄を売りたくなるのですが、そうならないように心がけました。

時間がかかりすぎる

以前も同じことを書きましたが、やはり個別株は調べる時間、売買の手間が大きく、私のような小規模の売買では割りに合わないと思います。
リベ大、こびと株では個別株を推奨していますが、私は高配当ETFをおすすめします。具体的には1478 + 1651 の均等買いです。

まとめ

・日本株の調整を行った
・10銘柄売り、9銘柄買い
・めっちゃ時間かかったので、個別株は避けるべき。おすすめはETF (1478, 1651)

コメント

タイトルとURLをコピーしました