副業にチャレンジ → 99%諦めた

節税

はじめに 税金の最適化をしたい

お金持ちになるためには税金の最適化が必須だそうです。

具体的には事業を始めて、経費の幅を広げて所得税や社会保険料をコントロールすることを指します。

私は勤務医=サラリーマンなので、できることはNISA,、iDeCo、ふるさと納税くらいしかありません。

 

なので私もなにかサイドビジネスをと思い、これまで色々試してきました。

これまでの過程を振り返りつつ、税金最適化について私が出した結論について書いていきます。

やる気も能力もない一般人が副業に挑戦するとどうなるのか、一例としてご覧いただければと思います。

これまでの副業チャレンジ

ブログ、SNS
当ブログ、Twitterを2021年に開設。楽しくやれているがお金にはならない。
完全に趣味。

 

Webライター
クラウドワークスに登録。プロフィールを作ってお仕事2件もらったが、いずれもいわゆるwebライター業とは違うもの。
継続もなく開店休業状態。

 

せどり
手始めに家のものを売ってみた。メルカリとラクマで70個くらい売った。
そこから先に進めてない。

 

不動産投資
Kindleで本を15冊くらい読んだ。勝ち筋があるのはわかった気がする。
ただとても手が出ない。

 

医師ポイ活
副業と言えるかわからないが、月1万円以上貰えている。
ただ事業ではないので、節税にならない。

 

とまあ副業と言えるものは何一つありません。

今のところ最も成功しているのはポイ活でしょうか。
ただ脳死でポチポチしてるだけですが😂

事業的規模の基準が厳しくなる見込み

2022年8月、国税庁が通達改正案を発表しました。

それによると、「副業の収入が300万円以下のものは原則雑所得とする」となっています。

 

 

執筆時点ではまだ改正「案」ですが、もし実施されると、多くの (ほとんどの?) 副業が雑所得になります。

 

もし副業が雑所得になってしまうと、

・赤字の時の給与との損益通算ができない
・青色申告の控除が使えない
・家事按分が非常に使いにくくなる

など、節税がほとんどできなくなってしまいます。

副業300万円以下はすべて雑所得?通達改正案のメリット・デメリット 副業300万円以下はすべて雑所得?通達改正案のメリット・デメリット KaikeiZine|“会計人”のための税金・会計専門メディア
8月1日、国税庁が基本通達の改正案についてパブリックコメントの募集を開始しました。改正案の内容は、「副業の収入が300万円以下のものは原則雑所得とする」というものです。この改正案が今、税務業界で注目されています。メリットよりもデメリットが大きいからです。

 

食事も住まいも買い物も経費で落として節税、という夢は文字通り儚く消えていきそうです。

 

これから頑張っても、副業で節税は無理そうです。

そもそも副業で1円も利益出てないんですけど😂

これからやるとしたら

せどり

せどりなら収入300万円はそこまで難しくありません。

利益率20%で収入300万円なら、利益は月に5万円。

他のIT副業で300万円売り上げるより遥かにハードルは低いでしょう。

 

不動産投資

不動産事業は今回の改正案とは関係ありません。

5棟10室と言われる事業的規模ならば青色申告を使えますし、そうでなくても赤字の損益通算は使えます。

やるなら仕事があるうちにローンを借りないといけないけど、多分やらないかな…

 

副業などしなくてもゴールに辿り着ける

お金に関係するYouTubeを見ていると、皆揃って副業 (特にIT関係) を勧めてきます。

彼らはそれで成功しているので当然でしょう。

 

私もそれを見て自分なりに少しだけ頑張りました。

まだまだ行動、努力が足りないために稼げていないのは自覚しています。

しかし生活に困っているわけでもなく、バイト時給1万円なんて世界に暮らしていると、なかなかモチベは続きません。
(半分税金で取られるので、倍働かないと手取りは残りませんが)

 

そんなわけでタイトルにもある通り、副業は99%諦めました

おとなしく本業だけで山の頂きを目指します。

いつかまたやる気が出たらチャレンジするかも。

 

ポイ活はポチポチするだけで良いので続けるし、ブログは趣味なのでこれからも続けます!

まとめ

・副業に少しだけ挑んでみた
・どれも成果ゼロ
・法改正で副業の節税は絶望的に
・本業だけでFIREします

副業で結果を出せている人は本当に尊敬します🥹

コメント

タイトルとURLをコピーしました